FC2ブログ
すべての育毛戦士に捧ぐ! 管理人の実体験をもとにした育毛法・ヘアケアグッズを主に紹介しております。

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康な体には健康な髪が生える。

   ↓

健康な体は健全な食生活が支える

   ↓


健全な食生活といえば和食


・・・・なんて安易な答えでしょう(笑


でも、ある意味これは正解かもしれません。
なんといっても育毛の大敵は


脂肪分

20060930013412.jpg


じゃぁないでしょうか。


脂肪分をとり過ぎると、当然太りやすくなります。また、皮脂の分泌量も増えてしまい、毛穴を塞いで髪の成長の妨げになってしまいます。

しかし、良質なたんぱく質は髪に必要です。
肉類のお好きな方は皮を取った鶏肉や脂身を取った豚肉等、なるべく脂肪分を少なくするといいでしょう。

意識的に脂肪分を減らした食事にしても大丈夫です。何故なら・・

それでも現代日本人の食生活は脂肪過多

ですから!(笑

スポンサーサイト
髪はヘアサイクルによって成長と脱毛を繰り返しています。

成長期には髪は生え続けるのですが、コンスタントに生える訳ではなく、


生える時間帯

というものがあります。

一般的に、1日の間では

22:00から02:00

までが最も成長すると言われています。

この時間帯に合わせたヘアケアを行うことと、十分な睡眠によって抜け毛の予防やヘアサイクルの改善に効果があるかと思われます。

ただし、これには当然個人差があり、必ずしもこの時間帯じゃあないとダメというわけではありませんが、寝不足は抜け毛の原因になりますので、眠くないからといって起き続けるのは良くないでしょう。

ベッドや布団に入り、安静にして体を休めるだけでも効果はあります。つまり、

活動に必要なエネルギーを髪に廻す

ことを実践してみてください。



読んで字の如しですね(笑

育毛に最も大切なポイントは

自分の生活習慣を見直す

ことです。


皆さん、ご自分の生活を振り返って健康的だと自負できる人は何人位いますでしょうか?私も含め、そう多くはないはずです。

色々な生活習慣病が闊歩する現在、ものすごい数の成人病予備軍がいるといわれております。

本気で育毛に取り組まれる方は、生活習慣を改善することによって、

ついでに健康になれる(!)

と思うと良いんじゃあないでしょうか。

人の髪は永遠に伸び続けるということは決してありません。髪にも寿命があり、頭皮や髪が正常な状態であれば、3~7年で髪は抜け落ちます。

髪は個人差こそありますが、おおよそ10万から15万本あると言われており、これらが絶えず生え変わっていますので、広葉樹のように、急に全てが抜け落ちるというようなことはありません(笑)


発毛したての髪は産毛のように細いのですが、それが徐々に太く長く成長していきます。この期間を「成長期」といい、毛髪の一生の中で最も長い割合を占めます。

成長をつづけていた毛髪は次第に伸びることを徐々に止めてしまいます。この期間を「退行期」といい、時間的には数週間位と最も短い期間です。

そして、完全に成長を止めた髪は自然に抜け落ち、新しい髪が生え始めるまで数ヶ月を要します。この時期を「休止期」といいます。

頭皮・毛髪は常に「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返しています。

これを ヘアサイクルといい、

男性型脱毛症の方の大半はヘアサイクルに問題があるといわれています。男性ホルモンの異常等、なんらかの原因で本来は髪の寿命の中で9割を占めるはずの「成長期」の期間が短くなり、十分に髪が成長する前に抜け落ちてしまうことより薄毛になってしまうのです。


つまり、男性型脱毛症を改善するには、やみくもに育毛剤を使ったりするだけでは意味がなく、

トータル的な ヘアサイクルの改善 が必要なのです。


一度乱れたヘアサイクルを改善は改善するには相当の時間が必要になってきます。育毛とは皆さんが思っているよりも根気が必要になるのです。まさに、継続は力なり!!
でしょうか(笑
この記事をご覧の皆さんはこのブログに辿り着くまでに、

   色々な育毛サイト

を検索されていると思います(笑


精神的ストレスが主な原因と言われている『円形脱毛症』は精神的不安やストレスを解消することにより自然治癒することが多いようです。

薬剤投与の『副作用による脱毛』は投与をやめることにより髪は再び生えてくるでしょう


しかし、最も多い脱毛症である『男性型脱毛症』は、なかなかそうはいきません。


男性型脱毛症の原因には諸説があり、はっきりとした理由は解明されていませんが、一般的には男性ホルモンの異常分泌が脱毛を引き起こしているといわれています。

脱毛でお悩みの皆さんは頭のどの部分が薄いですか?恐らくほとんどの人が

     
前頭部か頭頂部、または両方



が薄くなってきていて、決して後頭部や側頭部ではないはずです。

前頭部や頭頂部は男性ホルモンの影響を受け、逆に後頭部や側頭部は女性ホルモンの影響を受けて髪が生えているのです。

            

     kouzou.jpg



さて、なぜ男性ホルモンの異常分泌が脱毛を引き起こすかというと、ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、デヒドロテストステロンというホルモンに変換されます。このホルモンの働きが脱毛を引き起こすと言われており、分泌量が多くなると脱毛に拍車がかかり、脱毛が進行してしまうのです。


このブログをご覧の皆さん、はじめまして m(_+_)m 管理人のdonna2でございます。

色々と悩みの尽きないご時世ですが、成人男性が最も恐れる悩みといえば、 

抜け毛

 じゃないかと思います。


かくいう私もコイツと闘うこと早○年、色々な手法を駆使して頑張ってきました。結果は・・・・まぁ、なんとかってところでしょうか(笑

今や様々な育毛法や育毛剤が乱立し、どれが効くのかが分からない方や戸惑う方、自分の育毛法が合っているのかどうか迷っている方も多いかと思います。

現在進行形で抜け毛と闘っている私が紹介するのも何ですが、同じ悩みを抱える皆さんのちょっとした情報やサポートになってくれたらと思います。


    さぁ、みんなで闘いましょう!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。